カイトのゲームブログ

ゲームの最新情報やセール情報、ゲーミングPCや周辺機器、その他ガジェット類のニュースを主に書いていきます。

『RTX2080』は、最大で『GTX1080』の2倍の性能を発揮するモンスターGPU

 

www.kaito-gameblog.com

 

こんにちは、カイトです。

先日紹介したグラフィックボード『RTX 2080/2080ti』は、

現在の最高機種の『GTX1080』の約2倍高速であるとの発表がありました。

それについて、少し紹介します。

 

 

RTX2080とGTX1080の比較

f:id:kaito729:20180827222737j:image

NVIDIAが発表した新GPU「RTX 2080/2080ti」がグラフィック性能はとても高いと言われていますが、

前モデルとの具体的な性能差」はあまり明らかにされていませんでした。

しかし、Gamescomのプレス・ブリーフィングにて、RTX 2080はGTX 1080に比べ、新機能のDLSS使用時で最大2倍高速だと、正式に発表されました。

また、いくつかゲームでのRTX 2080の性能は

DLSSをオフにした状態でも、GTX 1080の約1.5倍のパフォーマンスを発揮しています。

 

新機能「DLSS」

DLSSとは「ディープ・ラーニング・スーパーサンプリング」の略語で、

最新のTensorコアによるAI(人工知能)を利用したレンダリング手法。GPUへの負荷を小さく留めつつ、3Dオプジェクトのエッジをスムーズに描写する方法です。

しかし、DLSSはこの機能にアプリ側の対応している事が条件であるため、

これだけの高い性能を誇るRTXが実際に性能フルに発揮できるかは、

ゲームタイトル等の開発者がDLSSを実装するかどうかによって変わってくるそうです。

 

 

RTX2080の記事全文

NVIDIAが新たに発表したGPUである「RTX 20シリーズ」が実にパワフルなのは明らかですが、一方で発表時は前モデルとの具体的な性能差が提示されておらず、わかりにくかったのも事実です。しかしGamescomのプレス・ブリーフィングにて、同社は「RTX 2080はGTX 1080に比べ、新機能のDLSS(ディープ・ラーニング・スーパーサンプリング)使用時で最大2倍高速だ」と明かしたのです。

このDLSSは、Turingアーキテクチャで新しく搭載されたTensorコアによる、AI(人工知能)を利用したレンダリング手法。GPUへの負荷を小さく留めつつ、3Dオプジェクトのエッジをスムーズに描写する方法です。

 

このDLSSはアプリ側の対応が必要となる機能のため、実際にRTXがこれだけの高い性能が発揮できるかは、ゲームタイトルなどの開発者がDLSSを実装するかどうか次第です。しかし既に「ファイナルファンタジーXV」や「PUBG」、そして近日リリース予定の「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」などのメジャーなタイトルでDLSSが利用可能です。

またNVIDIAによれば、DLSSをオフにした状態でも、これらのゲームにおいてRTX 2080はGTX 1080の1.5倍ほどのパフォーマンスを発揮します。

実際のゲームパフォーマンスではDLSSを利用することで、いよいよ4K/HDRかつ60fps以上でのゲームプレイが現実的になる点がポイントです。代表的なゲームタイトルでは、例えばCall of Duty: WWIIは超高解像度にて93fpsを、そしてバトルフィールド1では84fpsを達成しています。
つまり多くのゲームで、RTX 2080(と、よりパワフルなRTX 2080 Ti)は間違いのない選択肢なのです。

(参考記事:NVIDIA says the RTX 2080 GPU is twice as fast as the GTX 1080

 

まとめ

f:id:kaito729:20180827230738j:image

現時点でDLSSに対応しているゲームタイトルである「FF15」や、「PUBG」。「トゥームレイダー」などでは

既に『4k/HDR+60fps』が現実的に見て可能だそうです。

 

ゲームの進化、止まりませんね!!最高!!

いやーーーゲーミングpcの発売が楽しみ過ぎて夜も眠れない…てことはないんですけどね。

世間に普及されるのも、時間の問題です。

楽しみに待ちましょう!!

 

では、よいゲームライフを〜