カイトのゲームブログ

ゲームの最新情報やセール情報、ゲーミングPCや周辺機器、その他ガジェット類のニュースを主に書いていきます。

「GeForce RTX 2080 Ti/RTX 2080」が発表。その性能やスペックは?

追記:『RTX2080』の性能や価格などをすべてまとめた記事を書いたので、そちらをご覧ください。

www.kaito-gameblog.com

 

追加:『RTX2080』の価格や性能など、すべての情報をこちらにまとめてあります。

 

f:id:kaito729:20180821225814j:image

前回の記事でご紹介したグラフィックボード「GTX 2080」改め『RTX 2080/2080ti』についての続報です。

ASUSより、グラフィックボードの新製品を計4機種発表しました。

発売日、価格は未定です。

 

 

4機種のグラフィックボード

 

GeForce RTX 2080 Ti」を搭載した

  • 「DUAL-RTX2080TI-O11G」
  • 「TURBO-RTX2080TI-11G」

 

GeForce RTX 2080」を搭載した

  • 「-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」
  • 「DUAL-RTX2080-O8G」

 

RTX 2080tiを搭載したモデル

f:id:kaito729:20180821220725j:image

GeForce RTX 2080 Ti」を搭載した

  • 「DUAL-RTX2080TI-O11G」
  • 「TURBO-RTX2080TI-11G」

の2機種。

共通の仕様は、

メモリバス幅が352bit

ビデオメモリーがGDDR6 SDRAM 11GB

 

DUAL-RTX2080TI-O11G」は、独自の形状をした「ウイングブレード」を搭載、ファンの風圧を約2倍にまで向上させています。

ディスプレイ出力は、

  • HDMI 2.0×1
  • DisplayPort 1.4×3、
  • USB Type C×1

の3種類。

 

RTX 2080を搭載したモデル

f:id:kaito729:20180821220914j:image

GeForce RTX 2080」を搭載した

  • 「ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」
  • 「DUAL-RTX2080-O8G」

の2機種。

 

共通の仕様は

メモリバス幅が256bit

ビデオメモリがGDDR6 SDRAM 8GB

 

ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」は、「MaxContact」という技術で、GPUとヒートスプレッダの接触面積を約2倍にし、効率の良い熱伝導を実現させています。

ディスプレイ出力は

  • HDMI 2.0×2
  • DisplayPort 1.4×2
  • USB Type C×1

の3種類。

 

「DUAL-RTX2080-O8G」は、

「DUAL-RTX2080TI-O11G」と同じく

ウイングブレード」を搭載、ファンの風圧を約2倍に向上。

ディスプレイ出力は

  • HDMI 2.0×1
  • DisplayPort 1.4×3
  • USB Type C×1

の3種類。

 

前世代グラフィックボードとの比較

f:id:kaito729:20180821225824j:image

GTX 980

メモリバス幅:256bit

ビデオメモリ:GDDR5 4GB

GTX 980ti

メモリバス幅:384bit

ビデオメモリ:GDDR5 6GB

GTX 1080

メモリバス幅:256bit

ビデオメモリ:GDDR5X 8GB

GTX 1080ti

メモリバス幅:352bit

ビデオメモリ:GDDR5X 11GB

TITAN X

メモリバス幅:384bit

ビデオメモリ:GDDR5X 12GB

RTX 2080

メモリバス幅:256bit

ビデオメモリ:GDDR6 8GB

RTX 2080ti

メモリバス幅:352bit

ビデオメモリ:GDDR6 11GB

 

まとめ

ビデオメモリがGDDR5X→GDDR6に変わっていますよね。

これにより、信号速度の高速化消費電力の削減が期待できます。

まだ価格と発売日は未定ですが、非常に楽しみですね。

4Kゲームが主流になる時代はもうすぐ!?

ガジェットヲタクの皆さん、RTX 2080の搭載されたゲーミングpc、発売の時は近いです。

今はPUBGでも遊んで気長に待ちましょう!!

 

では、良いガジェットライフを〜