カイトのゲームブログ

ゲームの最新情報やセール情報、ゲーミングPCや周辺機器、その他ガジェット類のニュースを主に書いていきます。

PS4版『DEEMO - Reborn-』が発売決定!!発売日や価格などの最新情報まとめ。

f:id:kaito729:20180804221650j:image

 

2013年にスマートフォンに向けのリズムゲームとして配信され、海外でも高い評価を受けた「DEEMO」が、PS4向けに完全新作『DEEMO -Reborn-』として発売されます!!

 

新たに生まれ変わることとなったこの作品。

変わったのはプラットフォームだけではありません。

今回は、いくつかの大きな特徴をまとめていきたいと思います。

 

 

発売日・価格

2019年発売予定で、価格は未定です。

 

ストーリー

f:id:kaito729:20180804224500j:image

謎の城でひとり孤独にピアノを奏でるDeemoは、ある日突然、空から降ってきた、記憶を失った少女と出会った。

 

少女を元の世界に帰そうと考えたDeemoは、ピアノを奏でることで、

その上にある芽がみるみる成長する事に気づいた。

 

この芽を成長させて木になれば

いつか天井の窓まで届き、

少女をもとの世界に帰してあげることができるかもしれないが、その結末は…。

 

2Dから3Dグラフィックへ

今作1番の変更点と言える、グラフィックの進化。2Dから3Dに変わったことにより、プレイステーションVRにも対応となりました。

f:id:kaito729:20180804224802j:image

↑大きな切り株の上にピアノが置かれている部屋。「Deemo」はここでピアノを演奏する。

 

モーションコントローラーによる操作

プレイステーションMOVEによる操作も対応しており、今までとは一味違ったまったく新しい『DEEMO』を体験できます。

 

少女を操作して自由に探索

新生『DEEMO』では、少女を操作して、3D化した城の内部を自由に探索することができます。様々な工夫が施されたを歩き回り、本作ならではの独特な雰囲気を、よりリアルに味わうことができます。

 f:id:kaito729:20180804225041j:image

↑本作でも、様々な仕掛けが仕掛けられているかも…?

 

オリジナル版にはない体験

部屋と部屋をつなぐ通路を歩く。グラフィックの3D化に伴い、城のスケール感をより把握できるようになりました。

 

 

開発者の『本作の見どころ』

 

・独創的な世界観

『DEEMO』の最も魅力的な点は現代のおとぎ話としての独創的なファンタジーの世界観です。

・没入感の実現

本作はTVモードVRモードのどちらにも対応しているため、「城の探索」と「音楽の演奏

プレイにおいては、基本的に二つの完全に異なる体験となります。そのため、二つとも快適に遊べるためのUIや、3D酔いをしないためのカメラ操作にはかなり気を使ったそう。

・新曲の増加

オリジナル版では200曲以上もあった楽曲に加え、今作では完全新規楽曲もあるそうです。また、大規模なタイアップも予定しているとのこと。

 

 

まとめ

2Dから3Dの世界へ新生する『DEEMO』。

スマートフォンからPS4へ移行した事により

VRにも対応し、この独創的なファンタジーの世界観にどっぷり浸かれる没入感を実現してくれることに期待したいですね。

新たな要素がふんだんに詰まった完全新作。

また続報が入り次第、記事を更新しますね。

 

では、よいゲームライフを!!